top›筆記試験対策

筆記試験対策

<広告>

<広告>

面接を行う前、あるいは面接と並行して筆記試験で選抜されることがある。転職者の場合、 筆記試験から縁遠くなっているためか、これを「苦手」だと考える人が多いようだ。

筆記試験の主な目的は絞り込み。応募が相当数あった場合など、採用活動をより効果的に 行いたいときに実施する。さらに、書類や面接だけでは見きわめられない適性や仕事への姿 勢などを判断するためにも活用されている。

とくに損保や金融業界では、国語や数学の基礎的な試験を行うことが多いようだ。人材バ ンクや人材派遣会社から応募する場合も、SPIのような適性試験やパソコンスキルの試験 結果を企業から求められることがある。

最近は、求めている能力に合致するか否かを見きわめるために、事務職などでは、パソコ ンスキルの試験を行う企業も増えてきている。

筆記試験の内容自体は専門的なものではなく、一般常識、中学校程度の国語、数学、英語 などが行われる。それでも心配な場合、SPI攻略本で勉強すれば、十分対応できるだろう。

時事問題などが出題されることもあるが、これも普段から新聞やテレビのニュース番組に目 を通し、自分の考えをまとめておけばクリアできる。いくら熱意があっても面接まで到達しな ければ採用されないので、普段からアンテナを張っておくことが必要だ。

筆記試験に似た形式としては適性試験というものもある。どれだけ根気よく仕事を継続でき るか、その職種に向いた性格か、などの判断材料だ。前向きに仕事に取り組む姿勢で回答する ことが大切だが、「ウソをついていないか」「矛盾はないか」などもチェックされるので、正直 に答えなければいけない。

また事前に会社セミナーを実施することもある。「説明会だから」と安易にとらえるのは禁 物だ。会社セミナーは実質的な1次面接と考えている企業が多い。集団面接同様、多くの応募 者から際立つ人材を見きわめている。

会社セミナー後、その場で面接を行う場合もあるので、セミナー当日は時間的に余裕を持っ ておこう。事前にインターネットなどで企業情報をつかんでおくと安心できるだろう。

【専門知識】

応募職種に関運する専門知識は、経験者であれば事前に整理しておこう。 専門知識について筆記試験がある企業は多くはないが、経理などは、簿記 や経理知識などの試験を行う場合がある。筆記試験がない場合でも、面 接で専門知識について問われることがある。

【一般常識】

短期間で一般常識のレベルを上げることは難しいが、SPI対策本などを購 入し試験に慣れておくことは有効だ。時事問題などは、普段から新間やテ レビのニュース番組に目を通し、目分の考えをまとめておく癖をつけよう。

【適性検査】

適性検査には、さまざまなものがあるが、どれだけ仕事に対して根気よく 仕事を継続でぎるか、応募職種に向いた適性があるか、どのような価値観 を持っているかなどをチェックしている。適性検査には信葱性を見る項目 が入っているので、正直に答えなければならないが、応募企業で求められ る人物像をイメージして、その人物になりきって回答するようにしよう。

【論作文】

文章が上手い、下手という問題以上に、応募職種や業界についての知識や 考え方をチェックする場合があるので、事前に業界、職種研究は怠らない ようにしよう。難しい文章を書こうとすると、読み手に意図が伝わらないケ ースがあるので、最初に結論を書き、その後に説明文を展開する形式で 書くと、わかりやすい論作文ができる。

【パソコンスキル】

Word、Excelの基本的なスキルを求める企業が増えている。特にExceI では、四則計算、表の作成、絶対参照、相対参照、ROUND・AVERAGEな どの関数は事前に確認をしておこう。

<広告>

転職面接中途採用コラム
面接の本質を理解することが採用につながる 面接では熱意を語る 面接での退職理由 面接での退職理由、人間関係がうまくいかない
面接での退職理由、待遇が悪い 面接での退職理由、能力を認めてくれない 面接での退職理由、会社に魅力がない 面接での退職理由、好きな仕事ではない
面接での退職理由、経営状況が悪い 面接での退職理由、リストラ・解雇で辞めた 面接官は顔を重視する 面接は恋愛と同じ
中途採用では即戦力かどうかが面接の鍵 面接が2回以上行われる理由 面接は最初の5分で9割決まる 面接でマニュアル本の暗記は役に立たない
面接官の好感度が採用に影響する 圧迫面接はビジネスの場での対応力を試されている グループ面接では集団の中での協調性を見られている 一次面接では面接チェック表を使われることが多い
筆記試験対策 転職先の企業の研究をしっかりと行う 転職先の面接官を、面接してやる気持ちが大切 アポ取りの電話から面接は始まってる
面接会場には10分前に入るのがルール 面接会場の控え室での態度に注意する 身だしなみは大切 面接官に自分の言葉で話そう
面接で気まずい雰囲気になったら 面接後、お礼状を出す 面接直前、応募書類の内容を確認しよう 面接で必ず聞かれる4つの質問
面接での質問、なぜ転職しようと思ったのですか 面接での質問、志望動機を教えてください 面接での質問、当社でどのような仕事をしたいですか 面接での質問、当社についてどの程度ご存知ですか
面接での質問、他に応募している会社はありますか 面接での質問、前の会社ではどんな仕事をしていましたか 面接での質問、この仕事に大切なものは何だと思いますか 面接での質問、自分の強みは何ですか
面接での質問、10年後の自分はどうなっていますか 面接での質問、自己PRをして下さい 面接での質問、長所と短所を教えてください 面接での質問、休日は何をしていますか
面接での質問、何か質問ありますか 面接での質問、前の会社と当社の違いをお聞かせください 面接での質問、なぜ未経験のこの仕事を選んだのですか 面接での質問、この業界は今後どうなると思いますか
面接での質問、転職回数が多いですがなぜですか 面接での質問、正社員として働いた経験はありますか 面接での質問、前の会社を短期間で辞めた理由は何ですか 面接での質問、退職後のブランクに何をしていましたか
面接での質問、前職はなぜ辞めたのですか 面接での質問、将来独立を希望していますか 面接での質問、このような業務をやってもらえますか 面接での質問、年齢が高いですね
面接での質問、いつから出社できますか 面接での質問、残業や休日出勤は大丈夫ですか 面接での質問、転勤は問題ありませんか 面接での質問、希望職種以外での採用に場合どうしますか
面接での質問、新入社員と同じ給与額になりますが 面接での質問、契約社員からの採用でもいいですか 面接での質問、前の会社のほうが良いのではありませんか 面接での質問、結婚したら仕事はどうしますか
面接での確認事項、思っていた仕事内容と違う 面接での確認事項、ノルマがこなせるか不安 面接での確認事項、転勤や異動はあるのだろうか 面接での確認事項、正社員としての採用ですか
面接での確認事項、社会保険には加入しているのか 面接での確認事項、成果主義で昇給はあるのか 面接での確認事項、有給休暇はとれるのか 面接での確認事項、社員がみな若いため長く働けないのか
面接での確認事項、子供ができたら育児との両立は可能か 面接の前に自己分析を行う 模擬面接をしてみる 具体的な条件等はなるべる受け入れるようにする
希望給与と入社日は明確にする 家族が転職に反対したら 気になる点は面接中に質問する 転職面接では職種によってアピールするスキル・経験が違う
転職面接ではプロ意識が必要 営業職・販売職に必要なスキル・経験 事務職に求められるスキル・経験 技術職に求められるスキル・経験
クリエイティブ職に求められるスキル・経験 募集年齢は求めるスキル・経験の目安 20代の転職者に求められるスキル・経験 30代の転職者に求められるスキル・経験
40代以上の転職者に求められるスキル・経験      

<広告>

<広告>